小学校受験の願書対策にペン字がおすすめ

小学校受験では子供の学習対策の他にも、家庭の準備の一つとして手書きの願書を用意することが求められます。最近ではネット願書に対応する学校も増えてきていますが、ネットで記載するのは基本情報部分のみで、写真とともに提出する志望理由は基本手書きとなります。そのため家庭での準備としてペン字を学ぶことによりきれいな文字を書けるように対策をとっておくと安心です。願書に求められる文章の中では、ひらがなが全体の半分以上を占めるので、ひらがなが上手になれば全体の6割~7割は上手に書けるようになります。
実際に習うには、習字教室に通うか通信学習を受講する、ペン字専門のクラスに通塾すると行った方法がありますが、硬筆をメインに学ぶならペン字専門のクラスでは直接指導が受けられるので、願書に必要となる楷書をしっかり学べます。
学習時に使用するペンは油性ボールペンの場合インクがたまって書きづらいため、水性ボールペンや万年筆、インクペンがおすすめです。万年筆の扱いが上手であればそのまま願書も万年筆で書くことが出来ます。