小学校受験における親の職歴の合否への影響

小学校受験は親の職歴によって合否が左右されると思っている人もいるかもしれません。結論から言いますと、合否への影響はないです。小学校受験に合格している家庭の保護者の職業は様々であるため、これだけを理由に不合格となることはないと言えます。不利になるのではないかと思ってアンケートや願書の調査欄を空欄にするケースもありますが、そちらのほうが問題です。多くの場合、親の職歴を問うのは保護者自身について知ったり、経済状況を知ったりするためだと言えます。また、学校行事や保護者活動に参加してもらえるか、子供と十分にコミュニケーションを取れる家庭であるかという点が見られることも多いです。参考程度に確認し、面接で詳しく判断するというケースが多いと言えます。隠してしまうと何か問題があるのかと疑われることになるので、堂々と記入して良いでしょう。